So-net無料ブログ作成

JOHNEN 定の愛 [DVD] [DVD]

【解 説】
五感を刺激する新時代の極上エンターテインメント!
“美しき猟奇犯罪者”阿部 定をフィルムに刻み込むのは、『鬼火』(97年)『恋極道』(97年)『皆月』(99年)の望月六郎監督。ここでは、杉本 彩の持つグローバルなエロスを軸に、かつて若者たちの情動を駆り立てたアヴァンギャルド映画の数々を想起させる尖鋭的な世界をスクリーンに塗り上げている。60年代末から70年代初頭にかけての“熱い季節”。そこでは演劇、映画、音楽が垣根を越えて、混沌とした時代の胎動を互いの作品の中に注ぎ込んでいた。今作はフェリーニ、あるいは寺山修司映画などに見られた、溢れ出る猥雑な欲望でねじれた過去を再構築。新時代の「アートシアター」作品として五感を刺激せずにはおかない。また、阿部 定が惚れぬく石田吉蔵役にはヴェネツィア映画祭を席捲した『IZO』(04年)の中山一也、さらにロック界の大御所であり、『コミック雑誌なんかいらない!』(86年)でキネマ旬報主演男優賞を受賞した内田裕也が出演。ほかにも高瀬春奈、江守 徹ら個性派俳優陣が多数出演。

【ストーリー】
カメラマンのイシダ(中山一也)は、海岸でヌードモデルの撮影中、金髪の謎の老紳士オオミヤ(内田裕也)に出会い、その妻サダ(杉本 彩)の狂おしくも妖しい美しさに心奪われてしまう。「やっと逢えたのね、吉蔵さん・・・・・・」。燃えるような緋色の長襦袢に、したたる漆黒の洗い髪で恨みがましく見つめるサダ。その視線に射すくめられたイシダは、オオミヤに頼まれたサダの撮影すら忘れて、彼女の開いた下肢の間に倒れこんでいく。激しく貪りあうサダとイシダ、二人の愛の情念。それはやがて時空を超え、ニニ六事件で世間が騒然としている昭和初期の東京へと向う。

【キャスト】
杉本 彩 中山一也
阿藤 快 斉藤 暁 村松利史 菅田 俊 高瀬春奈 山下徹大
本宮泰風(友情出演) 風間トオル(友情出演)
江守 徹 内田裕也





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。